Alexで不適切な文章を判定する
GitHubリポジトリ探訪その1


Alex

今回紹介するリポジトリはalex。
テキスト中の不適切な表現を指摘してユーザーに指摘してくれるというもの。  
wooorm/alex

理解するにはデモ用のページを試してみるのが速い。
デモページ

image

こんな感じで不適切な表現や単語、言い回しを赤くハイライトしてくれる。
ちなみにこの英文の意味はよく分からなかったので考えるのをやめた。まずブギーマンって何?

試してみればわかるけど侮辱的だったり下品な単語は大体引っかかる
でも適当にJapaneseって打ち込んだら”時に侮辱的な表現です、、とのこと。何でだろう?”
image

ちなみにリポジトリのissueにはこんなコメントが..
Screenshot_2016-07-01-23-04-27_1
「なんで”UK” が不適切ワードなの?UK住みだけど納得できない!!」
色々と小難しい問題がありそうだ。。

API

APIが提供されていてコマンドラインから動かすこともできる。

他にも有志によってatom,sublime,Visual Code等のエディタやslackで動作するプログラムが公開されているので
興味があったら調べて見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です